働き方の見直し

【子育て+働く=ムリゲー】そんな人にこそおススメしたい!ブログ運営のメリット10選

働き方の見直し
スポンサーリンク

このままワーママとして働き続けるの辛い・・・。自由な働き方なら、もっと子どもの事もサポートできるのに。

夫の収入だけだと不安・・・。だけど子どもも小さいし、なかなか働きに行くのも難しい。家で働けたらな・・・。

最近の値上げラッシュで家計がキツイ・・・。少しでも収入を増やしたいけど、どうしたら・・・。

こんな風に近頃悩んでいませんか?

私も正社員でワーママを頑張っていましたが・・・。

・時間に常に追われる
・子どものサポートが出来ていない
・小1の壁が迫っている
・夫が転勤したらどうするか

と「会社に依存して働く」という働き方に不安が・・・。
自分で働く時間や場所を選べるようにできたら、最高なのにな・・・と思っていました。

「子育てしながら働く」というムリゲーに立ち向かっていた私が救われたのがブログ
なんと正社員からパート+ブログという働き方に変更できました!正社員より断然自由な時間も増えて、子どものサポートもより出来るようになったよ!

ブログをはじめて「こんな方法でお金って稼げるんだ!」と目からウロコでした。ブログはコストがほとんどかからない安全な副業。しかも知識がなくても始めやすい副業なんです。

この記事では、私が実際にブログを運営してみて感じたメリットをご紹介します。

働き方を変えたい・主婦だけど稼ぎたい・収入を増やしたい・・・
そんな風に”変わりたい”と思っているアナタが一歩踏み出せますように・・・!

★【ブログ運営】10のメリット★
1.会社に依存しない働き方
2.場所・時間に捉われない
3.知識がなくてもできる
4.コスパのよい副業
5.周りに気をつかわず働ける
6.頑張った分還ってくる
7.永遠の資産になる
8.給料以外からの収入がある
9.スキルがアップする
10.アウトプットが心地よい
スポンサーリンク

【経験したから分かる】ブログのメリット

1会社に依存しなくていい

すみません・・・子どもが風邪を引いて・・・。急で申し訳ないのですが、お休みします。

こんな感じで、会社を急に休むことになると「あぁ同僚に迷惑かけてるな・・・。会社辞めたい・・・」と心で泣いていました。

学校の行事が平日にありすぎるー!有給が足りない~!!

会社勤めだと休める日数も決まってるので窮屈に感じていました。特に小学校はがんがん平日に予定を入れられるので、有給がどんどん減って焦ります。

保育園に送って急がないと電車に間に合わない・・・!子どもよ、早くしてくれー!!

通勤に時間がかかるのも、会社勤めの辛さ・・・。

こんな悩みを全て解決してくれたのがブログ!
会社に依存しない働き方って子育て世代にぴったりだと思う!
ルールは自分で決められるって最高じゃない?

会社に依存した働き方は、安定したお給料をもらえるメリットがあります。しかしその分、窮屈に感じる面がたくさんありますよね。子育てをしているとさらに感じることが増えて、辛かったです。

でも「ブログ運営」はすべて自分次第!好きな時にできて、好きなように仕事をすすめられます!

2場所・時間に縛られない

夫が急な転勤になっても怖くありません!

パソコンを持っていけば、そのまま働けるからどこ行っても、海外だって大丈夫!場所を選ばないのがブログ運営の魅力です。

子どものスケジュールにだって合わせられて働けるよ!

今日は早帰りだから家にいたいなとか、平日の習い事だって送り迎えできちゃいます!なんってたって、働く時間は自由に決められるんだから!

子どもが小さくて、家にいる事がほとんどなママでもできる!

子どもが小さくてまだまだ家で過ごす事が多いから、外で働くのはムリ・・・。けど自分にも収入が欲しい・・・。そんなママにだって、出来ちゃうのがブログなんです!

3知識ゼロでも出来る

YouTubeの動画編集とかプログラミングなど、副業には色んな種類がありますが、知識がないとムリな副業が多いです。

でもブログは、知識ゼロでも出来る副業!私もパソコンはめっきり苦手分野でしたけど、ブログ開設まで難なく出来ました!

難しい機械とかソフトを使わないので、知識ゼロでも出来ます。パソコンとネット環境さえあればOK!

4コスパのよい副業

ブログは他の副業と比べて、費用がほとんどかからないコスパのよい副業です!

例えば、安く商品を仕入れてメルカリなどで売る「せどり」は、在庫を抱えるし、管理も必要・・・。
ハンドメイドなんかも、材料費が必要だよね・・・!

それに比べて、ブログはパソコンとネット環境さえあれば出来ちゃう手軽な副業なんです。費用も有料ブログ=WordPress(ワードプレス)を使うなら、月額1000円程度。リスクが少なく始められるから安心なんです!

5自分のペースでできる

会社にいると、余計な仕事をやらなくちゃいけないことってあるよね~。それに周りの同僚の機嫌とかも気になって・・・。それが結構ストレスでした・・・!!

私は電話対応に時間がとられるのが嫌でした。一緒に仕事をしている先輩の機嫌が悪い日には、あまり話しかけないようにしたり、変な所に気を遣うのって疲れますよね・・・。

でもブログ運営は、周りの雑念に惑わされず自分のペースでできます。お菓子を食べながらやったり、好きな音楽を聴きながらやったり、周りに気を遣わずにできるのが最高です!

6頑張った分かえってくる

なんか仕事を押し付けられている気がする・・・。なのに給料はあげてくれない!なんで私ばっかり!?他の人にも仕事まわしてよー!!

仕事を任せられるのはいいけど、それに見合った給料をもらえてない気がしませんか?
同じ給料をもらっているはずのアノ人より仕事している気がするのに、割に合わない・・・。めっちゃストレスですよね!

けど、ブログは頑張れば頑張った分だけ成果が得られます!
目に見えてアクセス数が上がったり、試行錯誤しながらブログを育てていくのはとてもやりがいがあります!

7永遠の資産になる

ブログは単なる日記ではないのです・・・!
それは土地や株のように、アナタの資産となるのです!!

有料ブログでブログを作れば、ブログは自分の持ち物。継続していく限りアナタの資産となります。
運営が軌道にのれば、寝ている間にも報酬を生み出してくれて、ブログを手放さない限り続いていきます!株で言うと、配当金みたいなもの。ブログを持っているだけで、お金が得られるんです!

8給料以外からの収入がある安心感

給料の他に別の場所から収入があると、給料が最悪なくなっても生きていけると安心感が得られます。

このご時世どうなるか分からないからね・・・。お金が得られる方法(給料)が1か所だけってのは、避けておくべき!

9.他の仕事につながるチャンスも

ブログ運営はスキルアップになるんです。自分自身のブログを運営した事がある人は、他の仕事につながるチャンスも!

ブログ運営をしたことがあれば、ブログ記事を書くWebライターとしての仕事に応募できたり、クラウドソーシングで「ブログを運営したことがある人募集!」のような求人にも挑戦したりすることができます!

10.アウトプットするとスッキリする

感じたこととか思ったことを「伝える」「自分から出す」と、気分がスッキリします。
ブログの記事を1本書き終えると、達成感はもちろん、気分が爽快になるんですよね。

なんでスッキリするのか考えたんだけど、子どもといると、ママは常に「気持ちを聞く側」だからかな?と思いました。

子どもはいつも自分の気持ちを伝えてきますよね。
「見てて~」「聞いて~」「嫌だ!」「自分でやる!」などなど・・・。

だからママは「気持ちを聞いてもらう側」より「聞く側」の方が圧倒的に長い。私の経験上、気持ちを聞いてばかりいると、しんどくなります。

心の中にあるコップの水があふれるイメージです・・・。水を吐き出さないと・・・!

だから自分の思ったことを吐き出すブログがあると、水が一定量に保たれて、気分もスッキリするんだと思います!

ブログは収入を得るために始めたことですが、それ以外にもメリットがあるとは思いませんでした!今では私の精神的サポートの相棒となっています。

【まとめ】ブログは自由を手にするためのトビラ

私はブログを始めるまでは、毎日時間に追われ、家事も回ってない、子どもに習い事もさせてあげられない、仕事も中途半端・・・と悩みに悩んでいました。

仕事をセーブして、時間に余裕が欲しい・・・その方法としてブログを選びました。

そしてその方法が見事正解!今では自由に時間を決めて働けているし、満足度の高い生活スタイルとなっています。ブログはあらゆる自由を手に入れるトビラとなりました!

ぜひ、アナタもそのトビラを開いてみてください。

ブログをはじめてみたい!そんな方へ

興味がでてきたなら、ブログの始め時です!
始めるならエックスサーバーがおススメ!

エックスサーバーとは、ブログを始めるにあたって必要なサーバー屋さんです。

★エックスサーバーの特長★
●国内シェアNO.1
●.comや.netなどの大人気ドメイン永久無料
●「クイックスタート」で最短10分設定完了
●月額1000円ほどでお得
私もエックスサーバーでブログをスタートしました!
「クイックスタート」というサービスがあったから、知識ゼロでも始められたんです。HP作成などの知識がゼロなら、エックスサーバーで開設以外考えられません(笑)

↑こちらから登録できます♪

詳しくはこちらのブログで開設方法を紹介しています!合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました